あごの骨を削って穴を開けるって恐怖

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。それでも保険適用外なのはインプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。

治療の一部を保険適用にするだけでも、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが優っていると考えられます。

 

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。
標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うのが一般的です。

 

この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯茎の合間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

 

より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが大切です。

全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用の問題も大きいと思います。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかでずいぶん費用は変わってきます。治療が終わっても、ずっと定期検診があるという点にも注意が必要です。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。年々利用者が増えてきたインプラント。その施術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。
旧来の入れ歯と比べた場合、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必須といえるでしょう。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

 

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

 

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。