妊娠中のホルモンバランスの変化に驚きました

ホルモンバランスが変わるため、妊娠中は気持ちが不安定になりやすくなり、意識してリラックスできる時間を作ることが大切です。ですが、運動といい食事内容といい、妊婦さんにとって注意すべき点が多く、中々難しいですよね。

 

例えば、家での映画鑑賞や普段手が伸びにくい重めの本に手を伸ばしてみてはどうでしょう。

 

ママが教養をつけることは将来赤ちゃんにいろんなことを教えるために有効です。
肩肘張らずにトライしてみませんか。

妊娠も終盤、特に臨月を迎えると赤ん坊が子宮の下気味にさがるので胃腸が調子が良くなり、食べる気持ちも出てきて調子が楽になると一般的にはいうのですが・・・。

その代償として、体重計を凝視。
膨張してきた子宮が股の近くのリンパと骨盤を抑えられるような痛みやむくみが気になります。

だいたい10万円と言われる検診代で家計が大変な中、お金をかけずに体の不調とうまく向き合えないか。

そこで毎日の宿題として30分程度の散歩とYoutubeで放映されている50分間の安産マタニティーヨガをします。

妊娠、それはやはり奇跡のようなことなんだと思いました。私には2人の子供がいるのですがどちらも望んで間もなく授かり、自然妊娠でした。このことは非常にありがたいことだと思っています。

 

妊娠~出産までの経緯は人それぞれですが、私もつわりを経験し、また、特に異常があるわけではないとは言われましたが、お腹の子が普通より小さかったため、自宅安静を強いられ、不安な毎日を過ごしていました。

 

妊娠したから良かったではなく、出産する日まで、気は抜けないなと思っています。

妊娠期間中は太りやすくなりがちですので無理のない範囲で適度な運動をする事が肝心です。
体調がよいときに少し歩くなどの運動を試みましょう。

 

マタニティビクスに参加するのもよいものです。
ただし、運動が大切だからといって、絶対に無茶な運動は避けるようにしてください。

 

「いつもより怠い」や「体の調子が悪いかも」といつもと違う感じがしたら、しばらくは運動を中止して体を休ませましょう。体に異変が出ない程度の運動が良いですよ。妊娠線を作らないようにする為には過剰に太ることを避けるほかに、専用のクリームを使うことが大事だと言われていますね。予防クリームを塗るときにはしっかりマッサージをすることがポイントです。理由はマッサージをして脂肪を柔らかくする事によって妊娠線にならないようにしてあげることも大切だと思います。マッサージにはたっぷりの予防クリームを手の上で馴染ませ、縦横に何度もマッサージしていくのがポイントです。

 

そして可能なところは掴みながら揉むこともしておきましょう。妊娠のメカニズムを知ると、妊娠で新たな命を授かるということはかなり奇跡的だということが分かります。

 

妊娠できるのは排卵日の24時間のみと短期間です。

 

女性は毎月の生理から周期を推定しようとしますが、妊娠するために重要なのは排卵日がいつかです。
毎月の生理があっても排卵がなければ赤ちゃんを授かることは不可能です。

 

妊娠を希望するのならまず排卵日の周期を把握することから始めていきましょう。妊娠している間は食事に気を付けましょう。
ビタミンAが過剰になると赤ちゃんが先天性奇形になる可能性が高くなるという事で、レバーやウナギを私は控えました。

特に妊娠初期で卵細胞が活発に分裂している時期は特に気にかけた方が良いようです。ビタミンAを多く含むウナギは妊娠中に摂っても問題が無いビタミンAの最大量にただ一口で達する程でした。妊娠するとおへその部分が出て、女性は不安を覚えることが多くあります。

 

月齢とともに大きなお腹になるにつれその分お腹の皮膚も伸びるので、おへその窪みがどうしても浅くなり、でべそのようになることがあります。

赤ちゃんと子宮が大きく成長してくると内側からお腹をぐぐーっと押し出される事になるのでおへそも外に押し出されるようになるのは当たり前なのです。

 

子宮頸管無力症との診断を23週目に受け、妊娠24週目で子宮頸管を縫宿する手術をし、自宅安静の中妊娠34週目に入りました。正産期までまだ期間がありますが胎児も2000グラムとすくすくと育ってくれてまだ早産の不安は消えませんが、産休期間に入り、ゆっくりと過ごさせてもらっています。ネット掲示板等で同様に切迫早産やシロッカー手術された方のお話で勇気付けられています。このまま順調に出産を迎えられるよう、残り少ない妊娠期間を楽しみたいと思います。妊娠中はホルモンに変化が起こるため精神的に不安な状態に陥りやすく、意識的にリラックスするための時間を作ることが必要です。ですが、運動するにしても食事にしても、妊婦さんにとって気を付けなければならないことが多く、なかなか難しいですよね。そんな時は、クラシック音楽に触れてみたり、本を読んでみてはいかがでしょう。
出産前に教養を付けておくと将来生まれるベビーの教育の第一歩になります。

試にすこしずつ始めてみてはどうでしょう。