アーカイブ | 10月 2017

現代病スマホ老眼が怖いので対策と改善方法を調べてみた

事務の仕事をするようになって、目の疲れが酷くなりました。
以前は販売職に携わっており、パソコンの前で作業することが少なかったのです。
現職はパソコンの打ち込みや会議資料を印刷したり目を過酷に使います。首は痛み、肩はこわばっており、整体の先生から、それは眼精疲労からきているよと言われました。

なるべく眼を休めようと、休憩時間に目を10分程度つむるなど、意識して色々な対策をしていますが、毎日疲労の積み重ねです。長時間PCでネットサーフィンをしていると、数年前まではなんともなかったのに、ここ最近目の奥がずわぁんとして頭も痛くなるようになりました。
眼科に行っても病気とかはなく疲れてますねと目薬をいただきました。

 

ですが目薬の効き目はあまり良くなく、パソコンをの文字を読んでいると目が重く感じます。それではと疲れ目にいいサプリメントを検索するとブルーベリーやルテインが効くとのことでそのサプリを飲んでいます。パソコンやスマホ、タブレットを日常的に使う昨今では眼精疲労に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

眼精疲労になると物がぼやけて見えたり充血したりする以外に頭痛や肩こり、吐き気なども引き起こします。

このような症状に悩まされないためにも、十分な睡眠や、体をほぐすなど注意して行うといいでしょう。
心掛けることが大切になってきます。
今ではPC、スマホは1人1台の時代です。

コンタクトも購入が簡単になり誤った使用法で目の疲れなど、目に関する悩みが沢山増えています。
特にデスクワークなどの疲れ目対策には、一時間に一回、短時間目を休ませたり、温アイマスク等で血の流れを良くすると楽になります。
また、スマホ画面等の光は脳を覚醒させるので、寝る前まで見ると覚醒し眠りの妨げになります。
空いた時間で目のストレッチもより効果的です。疲れ目を良くするには、短い時間でも構いません眼を一度完全に休ませましょう。
パソコンやテレビから眼を離し、眼を閉じて3分ほどそのままにしておきます。

 

時々、両手を使いやさしく眼球をマッサージするのも心地良いものです。

 

一時間おきにこれを行うとかなり、疲れ目が回復します。
重い疲れ目にはハンカチなどを濡らしてしぼり、まぶたの上に乗せると効果があります。

 

目をキョロキョロ動かすだけで改善されます。約三年前の朝、「新聞の文字が読めない」と思った日から始まったのです。ついに老眼になってしまいました。文字を読むにしても、ご飯を食べるにしても、とにかく目が疲れます。この日が来てからは、目を大事にしムダにテレビやPC画面は見ないようにし、眼に対して優しい習慣づくりをしました。
とても目を大事にしています。就寝前には温かくしたタオルを目の上にのせ保温を欠かしません。

毎日の生活習慣に少し、取り入れるだけで、とても眼精疲労はよくなりました。

目の健康をキープするためには、自分の目に病気やトラブルを抱えていないかどうかを知ることが大事です。私はコンタクトレンズを使用していますが、買う前には眼科の診察を欠かさず受けています。
診察では目に異常やトラブルがないかを確認してもらえます。
そして度のあっていないコンタクトをつけることは眼精疲労の原因になります。
平素から適切な間隔で眼下検診に行き、目の健康を維持するようにしています。

 

現代社会はテレビの他に携帯電話やスマホ、タブレットなど多くの場面で液晶画面を見る事が多くなりました。

 

仕事でパソコンは必須アイテムとなり、多数の人間は目の疲労に困っております。

近年、ブルーベリーにとても多い栄養素といわれているアントシアニンという成分がいっぱい入っている健康食品も増えました。老眼 改善

 

目の老化を感じている方への人気商品であり、人気の商品となり始め、たくさんのメーカーさんが気合をいれています。目が見えないというのはかなり最悪なことですが、知人に白内障の患者がいます。
私自身もはさみか何か落ちて来て目を切って眼帯をしばらく装着していたことがあります。もうその時のような状態にはなりたくないので、日常生活でも気を付けなければいけません。例えば、危険なものは高い場所にはおかないことや、危険性のある置き方はしない、目を疲労させないよう気分転換もいいでしょう。

 

眼精疲労は、スマホやパソコンで目を酷使する現代において避けることのできない問題ですが、軽減させることは可能だと思います。例えば、明るい画面を凝視すると体の動きは少なくなり、緊張状態になることがあります。そのため肩の凝りなど眼精疲労を原因とした症状が出てきます。

体をほぐすストレッチ、また、画面をずっと見るのではなく、たまに周囲の景色をきょろきょろするだけで変わってきます。

この投稿は2017年10月12日に公開されました。